ローンの紹介
  理想の新居が見つかったのに、資金不足で断念したくない。だから、資金力を応援します。
 
住みかえには大きな額のお金が必要です。せっかく理想の新居が見つかったのに、資金不足で断念したり、物件のランクをしぶしぶ落としたり。そんなことのないように、住友の仲介<ステップ>は資金面でのサービスをいろいろご用意。資金力が確かになると、新居をつかむ力も確かになります。

  おとくな新型提携ローン 中古住宅のご購入も新型提携ローンで応援
 
 
【メリット1】三井住友銀行の店頭金利より▲年1.7%~最大▲年1.85%引下げ
  1)変動金利型………店頭金利より▲年1.7%~最大▲年1.85%引下げ(借り入れ開始時より返済完了まで)
2)固定金利特約型…店頭金利より▲年1.7%~最大▲年1.85%引下げ(2年固定、3年固定、5年固定、10年固定それぞれ借り入れ開始時より返済完了まで)
※固定金利特約期間経過後、変動金利型に変更になりますが、再度固定金利特約型への変更も可能です。変更後の金利は、変更時点の店頭金利より▲年1.7%~最大▲年1.85%引下げ。
【平成30年3月31日お申込受付分まで】
 
【メリット2】ローン保証料内枠方式が選択可能です
  通常ローン実行時に所定のローン保証料が一括で必要となりますが、「保証料内枠方式」を選択すれば、ローン保証料の一括払いが不要です(但し保証会社手数料30,000円(住み替えローンの場合は50,000円ともに消費税別途)は別途必要です)。
※保証料内枠方式を選択された場合は、保証料外枠方式を選択された場合に比べ適用利率は高くなります。
 
【メリット3】いろんなローンがご利用いただけます
  次のような場合でも新型提携ローンをご利用いただけます。
1) 土地先行融資(原則建築計画がある土地)。但し、土地のみをご購入の場合はご利用できません。
2) 住み替えローン(売却物件の抵当権抹消資金不足分と買いかえ物件の購入資金の両方をお借り入れ)
3)他にも、諸費用やリフォーム資金のお借り入れにもご利用いただけます。
 
 
ローンについての詳細はこちら
 
  専門家がやさしくサービス
 
とかく面倒な住まいにまつわる法律と税金の問題。専門家にまかせてご相談ください。弊社では、定期的に法律相談、税務相談を開催しております。(要予約)
法律相談 売却・購入時にトラブルになったとき…
賃貸借のときの法律は… 借地借家法が施行されて…
贈与と相続のときの法律… など
税務相談 金額が大きいのが不動産の税金売るとき、買うときの税金対策
詳細は、弊社担当者にご相談ください。
本コンテンツの内容について